百窓市に参加します

神戸北野町にある寺院で開催されるワイン木箱の本の市に参加いたします。

百窓市@浄福寺 11月24日(日) 10:30-17:30(雨天決行・入場無料)  map

参加店一覧

WaterlooRecords , おかんアート, 花梨堂 , 古書片岡 , 摘星書林 ,となり古書店 , トンカ書店

アトリエ箱庭 , iTohen (from Osaka)

古本一代(from Himeji)

街の草 (from Amagasaki)

美篶堂 , LIBRIARTE(from Tokyo)

café de poche (from Kyoto)

Mobile Farm yokachoro (from Tamba)

& also… CORENOZ(café) , みみみ堂(spicy food)

 

秋の神戸。そうそうたる顔触れに緊張いたします!よい本に出合えそうな予感。

cdp-kが、集めた東西の絵本を中心に持っていきます。オリジナル冊子も少しお持ちします。

カレーやカフェの出店もあるようで楽しみ。たくさんの方にお会いできますように。

 

百窓文庫   http://hundredswing.wordpress.com/

 

 

石巻ブックエイド in STAND UP WEEK 2012 一箱古本市に参加します

石巻ブックエイドの一箱古本市、7/24(土)にcafé de pocheも出店することになりました!

メンバーの蔵書に、『京都〇七五』バックナンバー、小冊子『音楽と本と人』なども少し持って参ります。

石巻の皆さんに気に入っていただけるでしょうか。

会場はIRORI石巻というコミュニティカフェになります。

IRORI石巻(中央2-10-2)

http://ishinomaki2.com/category/project2/irori/

 

古本市の他にも、カフェスペースやワークショップ、野外映画会やトークショーなど

楽しそうなイベントがもりだくさん。

cdpにとって、初めての東北になります。

石巻の皆さま、ブックエイドに参加される皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

 

石巻ブックエイド http://honokuri.exblog.jp/18460597/

石巻ブックエイド一箱古本市店主紹介 http://honokuri.exblog.jp/18662210/

春と桜の本棚

2011年2月10日に発売された、ナカムラユキさんの最新刊『京都さくら探訪』(文藝春秋社)。みなさんもうお手にとってご覧になったでしょうか。京都81ヶ所をめぐってのユキさん流 桜の鑑賞術がぎっしり詰まった1冊。cdpメンバーも制作のお手伝いをさせて頂きました。

恵文社一乗寺店では、ただいま『春と桜の本棚』フェアが開催されています。春や桜がテーマの本が並び、ユキさんの桜写真のパネルとともにお楽しみいただけます。

ユキさんと恵文社さん、cafe de pocheで作ったフリーペーパーも配布しています。『京都さくら探訪』制作と発売イベントに関わった方々に「桜とお花見と春と本」について聞いてみたアンケート、恵文社堀部店長とナカムラユキさんによる京都の桜と文学Mapなどなど、ぜひ手に入れて下さい。フェアは4/15(金)まで。

3月26日(土)13:00-15:00には「春の一日お花見茶会」が、恵文社の東隣りにあるガレージ内で開催されます。  桜のスライド投影を眺めながら、日菓の干菓子とお抹茶を楽しむ気軽なお茶会です。ひとつひとつ春色にコラージュされた箱入の干菓子やスタンプ作家cachet blancさんの桜スタンプセットの販売もあります。

cafe de pocheはその会場で『春の古本マルシェ』を開催いたします。京都の古本手練の方々に、春の始まりに読みたいとびきりの本を届けていただく予定です。1日だけの企画なのですが、一足早く春の気分を味わいに、ぜひぜひお越しください。お待ちしています。

出店:古本オコリオヤジ 古書善行堂 KARAIMOBOOKS  ポコモケ文庫 町屋古本はんのき cafe de poche

売上げの一部を東北地方太平洋沖地震の被災者への募金にしたいと考えています。東北に一日も早く暖かい日が訪れますように。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

vol.9イベント終了しました

「私的読書週間」第9回イベント、“Art~café de poche の芸術祭”は、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました!

お越しいただきました皆さま、ご声援いただきました皆さま、ほんとうにありがとうございました。café de poche の「Art」と本、お愉しみいただけましたでしょうか。

古本マルシェにご協力いただきましたゲストアーティストの皆さま、ありがとうございました。café de pocheのためにご用意下さった作品もたくさん、古本のスリットやラベルシールやPOPにもそれぞれの作家魂を感じて、スタッフ一同感激でした!ゲストに寄せていただいたアンケートはフリーペーパーにまとめて、会場にて配布しました。イベントの記念に読んで頂けると嬉しいです。スタッフも好きな「芸術本」のレビューを書かせて頂きました。

café de pocheのためにおいしい珈琲を届けて下さった中川ワニ珈琲さん、おいしいいお菓子を何種類も、何度も焼いて下さったピエニトット村岡津さん、いろいろ手伝ってくれた仲間たちにも、ほんとうにありがとうございました。

そして、イベントの相談から搬出・後片付けまで、終始お世話をおかけしたtrico+のナカムラユキさんに心から感謝申し上げます。

これからもcafé de pocheをどうぞよろしくお願い致します!

vol.9イベント真最中!


イベント3日目!
絶好の読書日和、カフェ日和、お買い物日和となりました。

cafe de poche lunch

秋色ランチも好評、ご予約の皆さまにゆっくり過ごしていただきました。
14時半からはご予約なしで来店いただけます!
本日のピエニトットのケーキは
・いちじくのタルト
・マロンペーストのタルト
・チョコレートフォンダン

どれもおいしそうー! 売り切れ必至。お急ぎ下さい!

そして、古本マルシェ出品をお願いしたゲストの皆さまを改めてご紹介します。(荷物到着順)

画家の林哲夫さん(古本オコリオヤジ)。
sumus、spinの編集としてもご活躍で、cdpでもすっかり御馴染みです。いつもお世話になっております!
本や読書をテーマに表紙を描かれたPR誌ちくま2年分をお借りし、ずらっとギャラリー壁面に展示させて頂きました。
販売用には展覧会の案内ちらしを貼りめぐらせた素敵な箱に美術書や文芸書をたくさん。
色彩版画やスケッチ原画は特別価格です。ご自身のブログ(daily-sumus)でもご紹介下さっています
http://sumus.exblog.jp/14331037/

次に神戸のグラフィックデザイナーMarcこと伊藤勇さん。
Boys&Girlsの心をキュンとさせるカッコいいデザインワークでおなじみです。
trico+のロゴデザインやショップカード、DM、書籍なども手がけられています。
かっこいいデザインの本が格安で、いろいろと届いています(デザイナーGは取り置きしようとウズウズ)
http://www.mark-design.jp/

東京から、蔵前で「カワウソ」を始めた写真家の大沼ショージさん。
「活版印刷局凹凸舎」として、譲り受けられた古い活版の機械を使ったグラフィック作品も作っておられます。
文字や記号の活版を使ったカードや、写真集も送ってくださいました。
製本ギャラリー美篶堂さんの製本の新刊の写真撮影もされていて、そのカードもとても素敵なのです。
http://www.outotsusha.info/

書家の華雪さんからは、三月書房の函入り小型愛蔵本がたくさん。
10月末に東京gmtenで開催された個展の通信ワークショップ企画「往復書簡」やリーズナブルな額も特別にお送り下さいました。
20・27日に精華大で篆刻の特別講座、28日はアトリエ箱庭での定例講座で関西入りされます。
cdpにも立ち寄って頂けそうで、楽しみ。
http://www.kasetsu.info/

画家の戸田勝久さん。古本コレクターとしても有名な戸田さんですが、古本屋さんをするのは初めて!
と喜んで素敵な看板と古書店シール・スリップを作って下さいました。
ご家庭の蔵書や作品のポストカード・画集・兎の色紙なども織り交ぜて楽しい箱を送ってくださっています。
個展は三条のぎゃらりぃ思文閣にて20(土)~28(日)、trico+行き帰りにぜひ。
http://www.shibunkaku.co.jp/gallery/

漫画家の森元暢之さん(http://www.geocities.jp/onobichan/)と湯気カンパニーの仲間たち。
フリーペーパー『湯気新聞』好評の連載漫画をまとめた小冊子『ノB6手帖』の出来たてホヤホヤ第2巻も届いています!
湯気カンパニー主宰やすみ嬢のかわいいスリップのついたカンパニーの古本や、森元キャラ缶バッジなど盛りだくさんの内容。
http://ameblo.jp/yugecompany/

『私は猫ストーカー』でおなじみ、浅生ハルミンさんの「ハルミン古書センター」からは、やっぱりツボを押さえた猫の本がたくさん!
そして私たちスタッフの熱いリクエストに応え、今年作られて大好評とウワサの「こけしカード」も入れて送って下さいました!
悶絶もののかわゆさです。
http://kikitodd.exblog.jp/

現代美術家のかなもりゆうこさんはtrico+のご近所さま。自転車で自ら搬入に来て下さいました。
蔵書から貴重な美しい絵本や映像の本を放出くださっています。
ご自身の映像作品や今までのパフォーマンスをまとめられた布張りの著書『ヴァリアント』はぜひ手にとって見ていただきたい素敵な本。
http://www.andart.jp/artist/kanamori_yuko/profile/

よい本や作品、まだまだ たくさん残っています!ぜひ!何度でも!お立ち寄り下さい。
お待ちしております。

café de poche vol.9 -私的読書週間- いよいよ始まります!

すべてのゲストからの古本+アート箱も届き、いよいよ明日(すでに今日)からイベントが始まります。

先週の搬入時の写真を少し公開!

中央にはフリーペーパーに掲載したお勧めのアートにまつわる本のコーナー。美術全集や展覧会の図録、画家やアーティストの著書、建築観賞の本などなど。すべてスタッフの蔵書です。非売ですが、お席でゆっくりとお読みいただきたい本ばかりです。

ギャラリーの壁にはゲストゆかりの著書や関連書を展示しています。

ゲストから届いた古本+アートマルシェの箱たち。値段のついたスリットが入っているものはすべて販売いたします。カードやお求めやすい値段の作品もたくさんあります。数量に限りがありますので、早い者勝ちになる品もありそう。

北白川疏水沿いの紅葉はまさにちょうどよい見ごろとなりました。明日から、また少し寒くなるとの予報。どうぞ暖かくしてお越しください。スタッフ一同お待ちしております!

『Lmaga.jp』 イベントカレンダー

2010年11月15日更新のウェブマガジン『Lmaga.JP』にて、café de poche vol.9 -私的読書週間- Art~café de poche の芸術祭 イベントを紹介いただきました。ありがとうございます。
Lmaga.JP イベントカレンダー http://lmaga.jp/event.php?id=336
休刊になった雑誌『Lmagazine』には、私たちもたいへんお世話になっていました。
始まったウェブマガジンは、“エルマガ”らしい使える・読み応えあるコンテンツが満載で、これからの展開が楽しみです!

2010年11月14日付『京都新聞』

2010年11月14日付の『京都新聞』読書欄にて、café de poche vol.9 -私的読書週間- Atr ~café de poche の芸術祭 イベントを紹介いただきました。ありがとうございます。
 
※文中、「中川ワニ珈琲によるカフェ」とありますが、珈琲豆の提供をいただく予定で、ご本人が来店されるということではありません。あしからずご了承ください!

cafe de poche vol.9-私的読書週間- Art ~cafe de pocheの芸術祭

dm_omote3
café de poche vol.9 -私的読書週間-
Art ~cafe de pocheの芸術祭~

2010.11.18日(木)、20(土)、21(日)、25(木)、26(金)、28(日)
13:00―18:00

at : trico+(京都市左京区北白川西瀬ノ内町27-1 [MAP]

ランチのご予約について。
ご予約開始後、メールサーバーが不調だった時期があるようです。
メールを送ったにもかかわらず、送信後2日以内に予約受け付け完了メールが届かない場合、お手数ですが再度メールをいただきますようお願いいたします。

café de pocheはスタッフのセレクトした本でつくる期間限定のブックカフェです。
9回目となる今回のテーマは「A r t」。

画集、写真集、展覧会の図録、映画や演劇についての本。アーティストの著書。ビジュアルブック、絵本、デザインに関する本。文芸書。存在自体がアートな本。
そんな<Art :芸術>に関する本をたくさんご用意してお待ちしています。
アートにちなんだゲストにご協力いただき、スタッフ
ゲストの蔵書放出の古本マルシェも開催します。ゲストの本箱では、とっておきの作品や限定の品に出会えるかもしれません。

紅葉あざやかな秋のひとときを、お気に入りの一冊とともに。

◆秋色ランチ
21日(日)13:00~14:30は、予約制・数量限定の「秋色ランチ」タイムとなります。
ご予約は11月1日よりメールにて受け付けます。(税込1,200円、先着順。cdp@zacca.com宛にご連絡ください。)
14:30~は予約なしでご来店いただけます。

◆古本マルシェゲスト(順不同:敬称略)

●戸田勝久(画家) http://www.rainy-blue.com/todapicsmokuji.htm
●華雪(書家) http://www.kasetsu.info/profile.html
●浅生ハルミン(イラストレーター) http://kikitodd.exblog.jp/
●かなもりゆうこ(現代美術作家)http://www.andart.jp/artist/kanamori_yuko/profile/
●伊藤勇(グラフィックデザイナー) http://www.mark-design.jp/category/profile/
●大沼ショージ(写真家) http://www.outotsusha.info/
●森元暢之(漫画家) http://www.geocities.jp/onobichan/index.html
●林哲夫(画家・装丁家) http://sumus.exblog.jp/
●ナカムラユキ(イラストレーター) http://tricoplus.petit.cc/pineapple1/
ほか

◆期間中、中川ワニ珈琲の自家焙煎珈琲、名古屋のパティシエ「ピエニトット」のお菓子をお愉しみいただけます。

◇café de poche
produced by 小西佐紀子/大林ヨシヒコ/伊東琴子/ナカムラユキ

『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)

9784334035365

南陀楼綾繁さんの最新刊『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)
で、café de pocheの活動を取り上げて頂きました。

『本が好き!』の連載をまとめ、加筆されたものです。
café de pocheの部分も増量、vol.7での写真も掲載されています。
2009年のvol.8イベントの事にも触れていただきました。

日本全国の本好き、古本好きな人々や催しのことがぎっしり詰まっていて
コンパクトな新書ながら、内容のパワーに圧倒されます。
どうぞ、書店でお手にとってご覧下さい。

各地で発売イベントを開催されています。
古書ほうろうさんでは、期間中、南陀楼さんに寄稿いただいた
CDP vol.1『音楽と本と人』も特別販売。
ぜひ、この機会に!

[LINK]
光文社新書 
ナンダロウアヤシゲな日々(南陀楼綾繁さんブログ)

Home

Twitter{^
Search
Feeds
Meta

Return to page top